病院海外進出

開発コンサルティング医業経営コンサルティング危機管理コンサルティング
海外医療調査

医療制度調査

 東京医療コンサルティングは、政府、公益法人、企業、NPOなどからの受託により、FSを含めた海外医療調査を多数実施しております。
 アベノミクスでは、病院のパッケージ輸出を医療分野の目標としており、企業や政府機関と協力して、病院輸出のFS調査の実施を予定しています。
 また、日本企業の海外進出は現在も盛んに進められており、それに伴い医療関係者の海外進出も盛んになってきています。さらに海外で開業した場合に、現地の医師やスタッフを雇用して、日本流の医療サービスを進出国の一般患者を対象として提供する例も増えてきています。
 そういう流れの中で、現地に研究施設を併設するなど、進出だけではなく現地化や現地の大学との共同研究を目的としたもの等、医療関係者の海外進出も多種多様な形で展開されるようになってきました。
 そのための事前調査の要請が増えてきています。



病院・クリニックの海外進出における医師免許取得

 海外にて医療関連の調査活動をしているため、国内の病院やクリニックの経営者からの要望により、海外での医療事業の事前調査や医師免許取得の可否などを調査することが多くなっております。
 中国やタイなど日本企業の進出が盛んな国においては駐在員家族も多く日本人学校においては入校待ちとなっている場所も多く見受けられます。医療関係者の進出もそれに伴い数多くのケースが見られますが、まだまだ開業に伴うトラブルが多いのが実情です。
 そのため、東京医療コンサルティングでは、現地での調査、開業支援、運営支援などをトータルでコンサルティング出来る体制を整えております。
 特にアセアン各国ではイオンモールと協力して、クリニック経営をバックアップする体制を構築しております。



有望な進出先候補


FQA

Q.日本の医師ですが、海外で医師免許を取得したいのですが可能でしょうか?

A.国により法律が違いますので一概にはお答えできませんが、下記の国においては医師免許の調査や取得の可否、開業支援が可能です。

アメリカ(各州)
欧州(EU)・スイス・セルビア・モンテネグロ
南アフリカ・マダガスカル
アセアン10か国(インドネシア,カンボジア,シンガポール,タイ,フィリピン,ブルネイ,ベトナム,マレーシア,ミャンマー,ラオス)
インド・バングラディッシュ・パキスタン
中国・香港・マカオ・台湾・韓国