2017年実績一覧

タイ国 障害者のアクセシビリティ向上・就労機会拡大を目的とした自動車運転補助装置に係る案件化調査

調査名

タイ国 障害者のアクセシビリティ向上・就労機会拡大を目的とした自動車運転補助装置に係る案件化調査

 

調査の背景

タイの障害者数は約147万人(2012年)で、うち約半数が身体障害者とされている。下肢障害者の人々は、物理的アクセスが制限されがちであり、バリアフリーなどの社会インフラ投資の途上にあるタイ国にあって、公共交通機関の利用も困難な場合が多いことから、教育や雇用へのアクセスが限られ、教育達成度や雇用率が非障害者よりも低く、所得創出機会を奪われて貧困に陥るケースが多い。
我が国の開発協力大綱の基本方針においては、「障害者に焦点を当て,その保護と能力強化を通じ」とあり、2015年2月にJICAが発行した課題別指針「障害と開発」には、特にアジア太平洋地域で積極的に「障害と開発」に取り組み、障害者の社会参加促進を目的とした障害インクルーシブな社会の形成が謳われている。

 

調査の目的

障害インクルーシブな開発にあたっては、現地の福祉関連行政への働きかけが必要となるため、民間企業努力だけでは叶わない部分がある。特に法制度の整備や障害者政策に関する事項に関しては相手国政府機関の理解と自律的な活動継続が不可欠である。
障害者の生活状況、法令、政策等の現状調査、市場性調査・競合調査、製品の試用と意見の集約等を通じて提案製品の適用可能性の確認を行い、ODAを通じた提案製品の現地活用可能性及びビジネス展開にかかる検討を行うことを目的とする。また、自動車運転補助装置の試用に際しては、ジェンダーバランスの配慮を行う。

 

調査期間

2016年10月(平成28年)~2017年9月(平成29年)

 

調査受託企業

株式会社今野製作所(当社は外部人材として参画)

 

提案製品概要

製品名:SWORD(ソード) / 着脱式下肢障害者用手動自動車運転補助装置
製品のスペック: 重量:2.5kg / 全長:600mm(折りたたみ時) / 本体取り付け専用工具重量:150g

 

調査の概要

 

期間中合計6回の現地渡航しての調査とタイの機関から関係者を招いた本邦受入活動を経て、2017年9月にJICAに最終報告書を提出しました。

(1)当該分野の開発課題(障害者状況、法令、政策等)の現状調査
(2)市場調査
(3)競合調査・新規性
(4) 投資環境調査
(5)パートナー調査
(6) 試用ヒアリング

SWORD装着デモストレーション(IDDriver教習指導員によるSWORD試乗)

SWORD装着デモストレーション(IDDriver教習指導員によるSWORD試乗)

労災リハビリテーションセンター(パトゥムタニ)での様子

労災リハビリテーションセンター(パトゥムタニ)での様子

Wheelchair Service Direction Persons with Disabilities Seminar 2017(タイ国内の車イスサービスに関するセミナー)2017年6月19日~6月21日

Wheelchair Service Direction Persons with Disabilities Seminar 2017(タイ国内の車イスサービスに関するセミナー)2017年6月19日~6月21日

 

社会開発・人間安全保障省 障害者エンパワメント局訪問

最終報告会

2017年12月11日国:タイ年:2017